山下裕美のほっとひと息 山下裕美が日常でふと感じた1コマを綴った小さなコラムです。

また素敵な出会いが・・・

昨夜 東京経済大学現代法学部教授の西下彰俊先生
http://blog.goo.ne.jp/kyotonc

日本赤十字広島看護大学准教授の小関祐二先生http://www.jrchcn.ac.jp/index.html

NPO法人「もちもちの木」理事長の竹中庸子さん、スタッフの方http://blog.canpan.info/mochimochinoki/profileと食事をご一緒させて
いただきました。

西下先生は高齢者ケア、老年社会学,社会福祉学など幅広くご活躍で著書に
「スウェーデンの高齢者ケア」があります。

西下先生はスウェーデンに行かれた際、「スヌーズレン療法」http://snoezelen.jp/snoezelen.htmlに出会い様々な研究をされていて
「もちもちの木」でスヌーズレンを行い経過観察し学会で発表されるそうです。

スウェーデンは一年を通して日照時間が非常に少なく、暗い中で生活することが多いにも関わらず、うつ病になる人がほとんどいないそうです。

私が「サーカディアンリズム(体内リズム)は狂わないのでしょうか?」と
聞くと「日本人の性質と大きく違うのかも・・・」と言われました。

スウェーデンは他にも「タクティールケア」というものもあり、これは脳下垂体の後葉から出るオキシトシンの分泌を促すことにより、認知症などに有効な療法だそうです。

オキシトシンは子宮の筋収縮や射乳といった分娩に関連するホルモンなのになぜ?

小関先生は「もちもちの木」の理事で被験者の体温、睡眠時間、喜ばれたことなどを
パソコンに打ち込み、データベース化されています。

お二人の先生はアロマテラピーの事はご存知で「アロマはいいですね」と
言ってくださったので「是非アロマの研究も・・・」とお願いをしました。

帰り際には再開を約束し、固い握手を交わしました。

また新しい知識が増え、沢山のエネルギーをいただきました。

この度のご縁をくださった「もちもちの木」の竹中様に深く感謝いたします。
2009年10月02日(金)   (アロマテラピー)

No. PASS
<<2009年10月>>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2009年10月02日(金)
また素敵な出会いが・..

記事検索

OR AND
スペースで区切って複数指定可能
サロンドミント・トップページへ

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41