山下裕美のほっとひと息 山下裕美が日常でふと感じた1コマを綴った小さなコラムです。

にぎり墨


昨日、奈良まで墨作りの見学と「にぎり墨」を作りに古梅園さんに行って来ました。

ずいぶん前にテレビで見た墨作りの工程に感動し、いつか行きたいと思っていました。

墨は菜種油、ごま油、椿油などの植物油を燃やして採った煤(すす)をかき集めてそれを溶かした膠(にかわ)と混ぜることによって固形になります。

*膠は独特の匂いがするため、竜脳・梅花・麝香など様々な香料を入れる、これらが墨を磨った時に心を和ませてくれる独特の香りです。

ほんのり温かい餅状の一部分を職人さんから頂き、グッと渾身の力を込めた「にぎり墨」を作りました。自然乾燥して出来上がるまで数か月待ちます。
墨作りの詳しい工程はこちらをご覧ください http://kobaien.jp/koutei

この度、運よく十六代目当主が工程を説明してくださり、伝統を受け継ぐ責任と誇りを語ってくださいました

書道教室に行くようになって、書道とアロマテラピーの深い結びつきに引き込まれこの度、奈良まで行きましたが実は帰りに京都の香木店にも立ち寄って来ました。そのお話はまた後日お伝えします。

日帰りの強行スケジュールでしたが、知識を深めることができ充実した旅でした



2018年02月23日(金)   (アロマテラピー)

No. PASS
<<2018年02月>>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

2018年02月23日(金)
にぎり墨

記事検索

OR AND
スペースで区切って複数指定可能
サロンドミント・トップページへ

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41